退職についての悩み

退職理由を精神的に限界で辞めるのはあり?伝え方も合わせて解説

2021年4月27日

退職理由 精神的に限界

 

悩んでる会社員
毎日上司に嫌味言われたり、小馬鹿にされたりしてもう精神的に限界です。

退職しようと思ってるんですが、退職届に精神的限界と書いてもいいんですか?

正直不安もありますがこれ以上仕事を続けるのは難しい、、、

 

こんな悩みに回答します。

 

記事内容

  • 精神的限界なら辞めたほうがいい理由
  • 退職理由を精神的と書かないほうが良い理由
  • 実際に精神的限界で辞めた結果

 

筆者情報

この記事を書いている僕は、仕事や人間関係に深く悩み退職。自身の体験から記事を作成しています。

 

今回は精神的限界で退職しようとしてるけど、どう言ったらいいか分からない人向けの内容です。

 

僕は過去に勤めていた会社で人間関係や仕事内容にやみ、精神的におかしくなる状態を経験したことがあります。

 

キット
なので、検索者さんの気持ちがすごいよくわかる。

 

この記事を読むことで、退職理由の書き方辞め方辞めた後の正解が流ようになりますよ。

 

3分ほどで読めるので、よかったら参考にしてもらえると嬉しいです。

 

というわけでここから本文です。

まずは目次からどうぞ!

 

【退職理由】精神的に限界なら辞めたほうがいい理由

 

精神的限界なら仕事を辞めたほうがいい理由について解説します。

 

僕は過去に勤めていた会社で、精神的限界になるまで病んでいたことがあり、自身の体験談から説明させていただけたらなと。

 

前提として、正解はありません。

僕個人の意見として聞いたいただけたらなと思います。

 

我慢して仕事続けてもいずれ限界が来る

 

精神的に辛いのに我慢して仕事続けてもいずれ限界がきます。

なぜなら、一度病み出すとそう簡単に治るものじゃないから。

 

過去の僕は、夜も眠れなくなるくらい病んだことがあります。

 

「しんどいけど我慢しよう‥」

「一時的なものかも‥」

 

という感じで、2年我慢し結局は耐えられなくなって仕事辞めてしまいました。

 

キット
今思うと、もっと早く辞めておけばよかったなと思っています。

 

たまに根性がないとか言う人がいるんですがほっといてOK。

ここは経験した人にしか分からない辛さです。

 

僕も正常な時は気合いでなんとかなるくらいに思ってましたけど、実際自分がなってみたらいきつかった。

 

落ち着いたように見えてまたなる

 

落ち着いたように見えてまたすぐ追い込まれます。

理由としては、かなりストレスを受けやすい状態になっているから。

 

少し元気な状態になっても、また嫌なことがあればすぐ病んでしまいます。

 

これ経験ある人多いんじゃないですか?

 

僕も似たような経験があり、気が沈ずみがちの時は少し元気を取り戻してもすぐダウンになってました。

 

結局やめる羽目になる

 

そして最終的に結局やめる羽目になります。

理由としては、先ほども解説した通り、嫌なことからそう簡単に逃げることはできないから。

 

  • 上司と合わない
  • 同僚と合わない
  • お客さんのクレームが怖い

 

仕事してる限り、上記のようなことから逃げることはほぼ不可能です。

 

部署や担当が変われば一時的に気持ちが楽になりますが、結局同じ会社にいる限りまた再発することも。

 

僕は会社を辞める少し前に部署が変わり、パワハラ上司から逃げることができましたけど、結局は同じ会社に勤めています。

 

>>上司が嫌いすぎてもう我慢の限界【そんな人へ対処方法を7つ解説する】

 

普通に休憩時間や食事中に顔合わせたりするので、意味ないなと思っていました。

 

退職理由を精神的に限界にするのは辞めた方がいい理由とウマイ伝え方

 

この項目では仕事辞めると決めた人向けの内容です。

 

結論ですが、退職理由について精神的限界を記載するのは辞めておいたほうがいいです。

 

引き止められる

 

退職理由について精神的限界と記載するのは辞めておきましょう。

なぜなら、会社から間違いなく引き止められるから。

 

僕の体験談

僕は上司に会社を辞めることを伝えて、その後上司と面談をしました。

 

その時上司の口から出た言葉がヤバすぎた。

 

「離職率上がるのは職場としても嫌だから」

「不満があるのなら職場移動でも」

「会社がお前にどれだけ投資したか知ってる?」

 

全部マジで言われたことです。

5年たった今でもはっきりと覚えてる。

 

僕と元上司は仲が悪かったのでこのような伝えかたになったと思うんですが、仲が悪いにも関わらず引き止めしてきます。

 

上司としても自分の成績に響くし面倒ごとになるのは嫌だから。

 

キット
仮に、人間関係が原因じゃなくても間違いなく引き止めにあります。

 

ですので、精神的に限界を理由にするのは自分自身に迷いを与えるので使わないほうが良いかなと。

 

精神的限界なら一身上の都合と伝えた方がいい

 

もし辞めるのであれば一身上の都合と伝えればOK。それ以上は会社も深く追求できないから。

 

とは言いつつ、会社としても惜しい人材なら少なからず引き止められます。断固通して硬く会社に残らないと伝えるのが大事。

 

ちなみに、僕は家業を継ぐことにして辞めました。係長と面談してはっきりと意思を伝えたら了承してくれました。

 

キット
係長はいい人で「頑張れ」とエールまで貰えましたね。

 

精神的に限界の時の退職届の書き方

 

結論ですが、伝え方同様に一身上の都合で退職するでOKです。

理由も一緒で会社もそれ以上深く追求できないから。

 

ただ上司から嫌な顔されると思うので覚悟は必要です。性格の悪い上司なら嫌な顔されるだけじゃなく、嫌味もセットで言われます。

 

キット
愛想無いように思われるかもしれませんが、もう辞めるので気にしなくてOkです。

 

繰り返しになりますが、一身上の都合と書いておけば間違い無いです。

 

上司に伝えにくい時の最終奥義

 

上司に退職を伝えにい場合ってありますよね。僕も中々退職を切り出せなかったのでよく分かります。

 

結論ですが、退職代行を使うと手っ取り早く会社を辞めることができます。

 

退職代行は、

退職を切り出せない

辞めるの言いづらい

辞めたいのに辞めさせてくれない

 

とっいった人にぴったりのサービス。費用こそかかるものの、依頼すればあとは勝手に退職まで進めてくれます。

 

ちなみに料金は3〜5万円が一般的で少し高いですが辛い状況を今すぐ逃れるのならありかなと。

 

詳しくは別記事にて解説しています。

 

【2021年最新】退職代行おすすめ3選を紹介→安心して使えます

 

また、僕が退職を切り出した時の体験談記事もありますので合わせてどうぞ。

 

>>退職を切り出せない・言いづらい人に僕が辞めた流れを解説【体験談】

 

精神的に限界で辞めた結果

 

ここでは僕が精神的限界で辞めた後「あぁしておけばよかった」「こうしておけばよかった」と思ったことについて解説します。

 

もっと早くやめるべきだった

 

結論ですが、もっと早く辞めるべきだったと思っています。理由としては3つ。

 

  • 年齢が上がるにつれ転職しにくくなる
  • 良い求人はすぐ無くなる
  • 我慢しても結局やめることになったから

 

先ほども解説したんですが、僕は精神的にストレスを抱え込んでから辞めるまでに2年もかかっています。2年は結構長いですし、よく2年も耐えたなと思います。

 

辛い状態を2年続けるくらいなら逃げて別の道に進んだほうが絶対にいい。

 

日本は自殺が多い国でもあります。

>>https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG05BX30V00C21A1000000/

 

最悪の展開を避けるためにも、辛いことは我慢するんではなく、すぐ逃げる。

これを絶対にやってほしい。

 

転職先を見つけると安心

 

辞める前に転職先を見つけておきましょう。なぜなら、精神的に安心するから。

 

職についていない状態。つまり、無職でお金が入ってこないとなるとかなり精神的に不安定になります。

 

そりゃそうですよね。お金入ってこないと生活できませんから。

 

しかし、よくある声が、

悩んでる会社員
働きながら転職活動ってできなくない?

 

会社を辞める前だと日中は仕事しるわけだし、転職活動なんてできませんよね。

そこで利用してほしいのが転職サイト。転職サイトを使えば自分が好きな時間で転職活動できます。

 

登録するのはめんどくさいですが、そこさえ我慢すれば、自分に合う求人が出たら知らせてくれたりします。

 

良い求人を逃がして、また変なブラック企業に就職してしまうといったパターンになると最悪なので、、、

 

貯金があるのならいきなり辞めてもOK

 

貯金があるならいきなり辞めてもOKです。なぜなら、少しの期間くらい生活できるから。

 

僕も次の就職の当てがない状態で会社を辞めました。貯金が300万円ほどあったおかげで1年は余裕で生きていけました。

 

キット
その代わり、実家に戻って最低限の出費しかしないような生活をしてましたけどね。

 

なので、少しくらい余裕があるならいきなり辞めるという選択肢もありです。ただ、先にあてを見つけて辞めるようが気持ち的に余裕ができます。

 

【退職理由】精神的に限界まとめ

 

今回は精神的限界で退職を考えている人に向けて記事を書いてみました。

 

繰り返しになりますが、限界で耐えられそうにないなら辞めたほうがいいです。

 

最終的に決断を下すのは自分自身。自分の将来をよく考えて決断してみてください。

 

というわけで今回は以上です。

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キット

30代×元工場勤務×Jリーグ好きの山口県下関市出身のブロガー。 高卒で大手自動車会社に就職し10年勤務。 上司によるパワハラや仕事のやりがいについて深く悩み、退職を決意。 自分が経験した工場勤務の中身や仕事、転職について記事を書いてます。当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いします。

-退職についての悩み