転職の悩み

自分の市場価値を知る方法は?おすすめの診断ツール3選【無料】

 

 

悩んでる会社員
今の仕事を続けていても将来的に不安……転職をしたほうがいいのか迷ってるんだけど、自分の市場価値ってどのくらいなんだろう?

 

そんな悩みに答えます。

 

記事内容

  • 市場価値を診断したほうがいい理由
  • 市場価値を診断できるツール3選
  • 市場価値を診断できる転職サイト2選
  • 市場価値を高める方法

 

結論、自分の市場価値を知るためには、診断ツールや転職サイトの活用がおすすめです。

 

なぜなら、客観的に診断してくれるため、自分では気づけない可能性に気づけたりキャリアを考えたりできるからです。

 

記事の後半では、実際に僕が診断してみた結果や感想をご紹介しています。

 

自分の市場価値を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

 

【絶望】向いてない続けた結果が酷すぎた→合わないなら即辞めるべき

 

市場価値とは?

 

市場価値とは、社会からどのくらい求められているかの指標です。

 

これまでの実績やスキル・経験を判断基準とし、その価値は需要と供給のバランスで決まります。

 

あるスキルや実績を持っている人の需要が高い場合、そのスキルや実績を持ってい人が少なければ、需要に対して供給が追いついていないため「市場価値の高い人」になります。

 

その反面、そのスキルや実績を持っていても人材が豊富であれば「市場価値の低い人」となってしまうでしょう。

 

市場価値を診断したほうがいい理由

悩んでる会社員
市場価値って診断したほうがいい?

 

「転職すべきかどうか判断がつかない」「転職に興味はある」といった方にとって、市場価値の診断は受けてみる価値はあるでしょう。

 

理由は以下の通りです。

 

  • 自分が持っている可能性を客観的に見つめられる
  • 今後の方向性を考えるきっかけになる
  • 採用してもらえそうな企業を把握できる

自分の市場価値が分かれば、今の職場に踏みとどまるべきか、新たな可能性にチャレンジすしてみるか、判断しやすくなるでしょう。

 

市場価値を診断する方法

市場価値を診断したほうがいいのは分かったけど、どうやって診断すればいい? 市場価値を診断する方法として、

 

  • 市場価値診断ツールを使う
  • 市場価値を診断できる転職サイトを活用する

 

上記2つがおすすめです。 市場価値診断ツールは数分で診断でき、気軽に利用できるメリットがあります。

 

ただし、AIが分析するので個人の経験やスキルが反映されにくいデメリットもあるため、参考程度にとどめておくと良いでしょう。

 

転職エージェントは求人紹介の一環として、市場価値診断をしてくれるケースがあります。 スカウト型の転職サイトであれば、どんな求人が届くかで自分にはどういった市場価値があるか把握できるでしょう。

 

【無料】市場価値を診断できるツール3選

市場価値を診断できるツールにはいくつかありますが、おすすめのツールは以下3つです。

 

  • VIEW
  • ミイダス
  • Re就活

 

ひとつずつご紹介していきますね。

 

VIEW

 

株式会社アサインが運営する「VIEW」アプリは、20,000人以上の経歴・価値観情報と、300人以上のハイクラス転職支援実績から開発されたAIが市場価値を診断してくれます。

 

経歴と価値観など、登録にかかる時間はたったの3分なので、スキマ時間を使って手軽に診断できます。

 

また、登録した情報に注目した企業やエージェントから直接スカウトが届く仕組みもあるため、キャリアの可能性を広げたい方は登録しておくと良いでしょう。

 

>>VIEWのAI診断が神すぎる!口コミ・評判・実際に受けた感想を解説

 

ミイダス

 

ミイダス株式会社が運営する転職アプリ「ミイダス」は、職務経歴やスキル情報から市場価値を診断できます。

 

また、独自の「コンピテンシー(可能性)診断」では、自分の特性や能力も把握できます。 診断を受けると予測できることは以下のとおりです。

 

コンピテンシー診断を受けると予測できること

 

  • マネジメント資質
  • 職務遂行に必要な能力要素
  • ストレスを感じやすい条件や環境
  • 相性の良い上司や部下

 

かかる時間は5分程度で、ちょっとした空き時間に無料で試すことができます。

 

簡単な質問に答えていくだけで自己分析が完了。 AIが細かく分析してくれるので、自分では気づけない一面にも気づけるかもしれません。

 

また、診断結果をもとに企業から「面接確約スカウト」が届くこともあり、自分に合った仕事を効率的に探したい方は登録だけでもしておくと良いでしょう。

 

Re就活

 

株式会社学情が運営する「Re就活」では、仕事の強み・適職を9つのタイプに分類し、適職診断ができます。

 

エニアグラムの性格論に基づき、仕事の強みや価値観を分析してくれます。 適職診断テストを受けるとわかることは以下のとおりです。

 

適職診断テストを受けるとわかること

  • 仕事で活かせる強み
  • 向いている仕事&不向きな仕事
  • 仕事のスタイル・行動特性

 

診断は3分で完了するので、気軽に質問に答えるだけで自分の強みや行動特性を把握することができます。

 

これからの可能性に期待する企業からスカウトが届くこともあるので、登録しておいて損はないでしょう。

 

>>Re就活の適職診断が楽しすぎる!【たった10分で向いてる仕事が見つかります】

 

【より詳しく】市場価値を診断できる転職サービス2選

ここまで、市場価値診断ツールをご紹介しましたが、より詳しく市場価値を知り今後のキャリアを考えるのであれば、転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

 

市場価値を診断できる転職サービスのおすすめは以下2つです。

 

  • マイナビ
  • リクナビNEXT

 

それぞれご紹介していきますね。

自己分析&キャリアプランを描ける「マイナビ」

転職サイト「マイナビ」に会員登録すると、キャリアデザインツール「適性診断MATCH Plus」が使えます。

 

「適性診断MATCH Plus」は、30年以上にわたって蓄積された人事データベースを持ち、世界40ヵ国で1,000万人が受験しているほど信頼性は抜群です。

 

「適性診断MATCH Plus」でわかることは以下のとおりです。

 

「適性診断MATCH Plus」でわかること

  • 自分の強みと弱み
  • 充分に持っている力と不足している力
  • 向いている業界
  • 向いている職種
  • キャリアに対しどのような意識を持っているか
  • どんなことに興味関心があるのか
  • 取り組んでおくとよいこと
  • 過去の結果との比較(成長度合い)

 

今の自分を知るための自己分析と、今後自分が進んでいく方向を考えるための指針となる情報を、さまざまな角度から得ることができます。

 

また、マイナビは他にも「長所短所診断」やLINEを使った「他己分析ツール」など診断系コンテンツが充実しているので、客観的に自分を捉えたい方は登録しておくと良いでしょう。

自分の強みを把握できる「リクナビNEXT」

転職サイト「リクナビNEXT」に登録すれば、求人検索だけでなく「グッドポイント診断」という会員限定の自己分析ツールが利用できます。

 

「グッドポイント診断」とは、リクルートが独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる自己分析ツールです。 「グッドポイント診断」でわかることは以下のとおりです。

グッドポイント診断でわかること

自分では気づかない強み

親密性・現実思考・慎重性など18種類の中から強みを5つ診断してくれるので客観的に自分を見つめ直すことが可能です。

 

また、求人に応募する際、グッドポイント診断の結果を添付し、客観的な強みを企業にアピールすることもできます。

 

リクナビNEXTは豊富な求人検索数が記載されているだけでなくスカウト機能もあるため、登録だけでもしておいて損はないでしょう。

 

>>【衝撃】リクナビNEXTが神すぎる!口コミや評判を解説する

 

自分の市場価値を高める方法

悩んでる会社員
自分の市場価値、低かったな……市場価値って高められるのかな?

転職を有利に進めるためには、市場価値を高めることも大切です。 市場価値を高める方法として、以下3つが挙げられます。

 

  • 実績をつくる
  • 専門スキルを習得する
  • 資格を習得する

 

ひとつずつ見ていきましょう。

実績をつくる

まず1つ目は、実績をつくることです。

 

たとえば営業職の場合、顧客の獲得や売上向上のために貢献した実績があれば、企業は「成果を上げられる人材」として評価してくれるでしょう。

 

また、プロジェクトの立ち上げに関わった実績があれば、「ノウハウを活かせる人材」として評価してもらえ、市場価値が上がります。

 

実績をつくっておくことで転職後も成果を出せるのではとイメージされやすく、市場価値は高まるでしょう。

 

専門スキルを習得する

 

2つ目は、専門スキルを習得することです。

 

自分にはアピールできる経験や実績が足りないのであれば、まずはどの職場でも通用する専門スキルを習得すると良いでしょう。

 

たとえばリーダーシップやコーチングなどのスキルであれば、後輩の指導やプロジェクトリーダーの経験を積むことで身につけることができます。

 

加えて、専門的なスキルがあれば他の人よりも有利になり、企業へアピールしやすくなります。 スキルを複数身につけておけば、選択の幅も広がり市場価値は高まっていくでしょう。

 

資格を取得する

 

3つ目は、資格を取得することです。

 

資格を取得することで、具体的にどんなスキルを持っているか示すことができ、市場価値を高められます。

 

たとえばプログラミングやWebデザイン関係の資格を取得することで、将来的にIT系の転職の際、有利になる可能性が高まるでしょう。

 

自分の市場価値を知ってキャリアプランを考えよう

 

今回、市場価値を診断する理由やおすすめのツール・転職サイトなどをご紹介しました。

 

市場価値診断ツールを活用すれば、自分では気づけなかった価値や可能性を客観的に把握でき、今おかれている状況への対応もしやすくなります。

 

ぜひ自分の強みや行動特性などを知り、理想のキャリアプランを考えてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キット

高卒で大手自動車会社に就職し10年勤務。 上司によるパワハラや仕事のやりがいについて深く悩み、退職を決意。 自分が経験した工場勤務の中身や仕事、転職について記事を書いてます。当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いします。

-転職の悩み