仕事の悩み

仕事行きたくない‥朝泣くほど辛い時どうしたらいい?【無理する必要はない】

2021年8月19日

 

悩んでる会社員
朝泣いてしまうくらい仕事行きたくないです。

毎日仕事行くのが辛くて、何もしてないのに涙が出てきます。

周りに相談したら辞めろとか我慢しろとか言われるけど 、自分じゃどうしたらいいのかもわかりません。

でも、本音をいうともう仕事辞めたい、、、

 

こんな悩みに答えます。

 

記事内容

  • 涙が出るほど仕事に行きたくない時どうしたらいいのか解説
  • 仕事に行きたくない時の対処方法
  • 仕事辞めるまでの手順

 

筆者情報

この記事を書いている僕は、高卒で就職し10年勤務するも仕事内容や人間関係に苦しみ転職。自分の経験を元に記事を作成しています。

 

今回は、朝涙が出るくらい仕事行きたくないと悩んでいる人向けの記事です。

 

結論ですが、朝泣いてしまうほど仕事に行きたくないなら我慢する必要はありません。仕事に行かなくてもいいです。

なぜなら、我慢すればするほど辛くなるだけだから。

 

過去の僕も、人間関係に深く深く悩み、何もしていない時に涙が出てくる状態を経験。なので、検索者さんの気持ちが痛いほどよくわかります。

 

キット
この記事を読むことで、涙が出るくらい仕事に行きたくない時どうしたらいいのか対処方法がわかります。

 

3分ほどで読めますので「朝涙が出るくらい仕事に行きたくない‥。」とお悩みの人は参考にしてもらえると嬉しいです。

 

というわけでここから本文です。

まずは目次からどうぞ。

 

仕事行きたくない【朝泣くほど辛い時どうしたらいい?】

仕事行きたくない 朝泣く

 

朝泣いてしまうほど仕事に行きたくないなら無理する必要はありません。

 

どんな辛いことがあったか僕にはわかりませんが、聞いてくれる人もいなくて辛かったでしょう。

よくここまで我慢しましたね。

 

関連記事仕事行きたくない‥家にいたいと悩んでるあなたへ【対処方法を解説】

 

我慢する必要はない

 

朝泣いてしまうほど仕事行きたくないならこれ以上無理しない方がいいです。

なぜなら、もう限界が近いから。

 

過去の僕も、何もしていないのに泣いちゃうほど精神的に追い込まれて、結果仕事に行けなくなったことがあります。

 

起きている時間、常に仕事の嫌な場面が頭の中で流れてきて、休める時がありませんでした。

そうなってくると心身ともに疲れて、そのうち体壊します。

 

キット
なので、無理する必要はないです。

 

繰り返しにはなりますが、無理はしないようにしましょう。

 

よくある質問

悩んでる会社員
休んでもいいのかな‥?

 

全然OKです。上司に連絡して休みもらいましょう。

ただ、上司によっては理解してくれない人もいます。「甘えんな」とか「一旦出勤しろ」とか。

 

ですが、仕事行けないなら電話して休むしか方法はないです。

 

合う会社、合わない会社がある

 

あなたに合う会社もあれば、合わない会社もあります。

あなたに合う人もいれば、合わない人もいます。

 

今勤めている会社はたまたまあなたに合わなかっただけ。

 

別に会社に行かなかったとしても命までは取られません。

仕事辞めたとしても十分やり直せます。

 

気にしなくても大丈夫。良くあることです。

 

僕も逃げ出しました

 

結論ですが、僕も会社を逃げ出しました。

理由としては下記のような感じ。

 

  • 上司のパワハラ
  • 同僚から避けられる
  • 仕事がつまらない
  • 向いてる仕事じゃない
  • 定年まで働くの無理

 

キット
仕事逃げ出したのはあなただけじゃないです。

 

近年、ストレスを抱えたまま我慢して、最悪のケースに至ることが多いです。

これほんとひと事じゃない。

 

「逃げたら負け」という言葉がありますが、「逃げるが勝ち」これもマジで大切。

 

辛いのなら今すぐ逃げましょう。

 

朝泣いてしまうほど仕事行きたくない時の対処方法

 

どうしても仕事に行きたくないときの対処方法解説します。

 

  • 上司に電話する
  • 会社の窓口に相談
  • 家族に相談

 

上司に電話する

 

上司に電話して仕事行けないと伝えましょう。

事情を伝えておかないと上司も心配するからです。

 

難しいのがどういう感じで伝えるかです。

 

  • 素直に精神的に辛くて仕事行けない
  • 体調不良ということにする

 

ちなみに僕は、精神的に辛くて行けないと言えなかったので、風邪をひいたことにして休みました。

 

ただ、何回も風邪を理由に休むと怪しがられるので注意が必要です。

 

会社の窓口に相談

 

労働組合があるのなら相談してみるのもアリ。

具体的に相談に乗ってくれます。

 

会社によっては相談窓口がないとこもあるので調べましょう。

もし相談窓口がなかったら、厚生労働省の相談窓口に電話してみる手もありますね。

 

※厚生労働省のサイトに飛びます

 

家族に相談

 

家族や友人に相談しましょう。

なぜなら、親身になって話を聞いてくれるから。

 

僕は両親に、何回も何回も仕事辞めたいと言って相談しました。

 

キット
両親は特に何も言わず、好きにしたらいいよと言ってくれました。めちゃくちゃ心救われましたね。

 

ただ、理解してくれないご家族も一定数います。

仕事辞めるなら大学費用返せとか、せっかくいい会社入ったのにとか。

 

正直、親に何言われても自分の人生なので自分で決めてOKだと思います。

 

そう考えると、友人に相談する方がいいかもしれませんね。

 

仕事に行きたくない【朝泣くほど辛いなら辞めた方がいい】

 

朝泣くほど仕事行きたくないならもう辞めた方がいいです。

 

仕事辞めるまでの手順を解説します。

 

キット
僕は今から5年前に仕事辞めたんですが、その時に仕事辞めるまでの流れです。

 

仕事を辞める時の手順

  1. 上司に口頭で伝える
  2. 退職届を提出する

 

基本的に1か2のどちらかで伝えるパターンが辞める時の王道のです。

ちなみに僕は、1の上司に口頭で仕事辞める意思を伝えました。

 

キット
退職届は一切準備していませんでしたね。

 

なぜ口頭で伝えたのかですが、僕より少し前に辞めた先輩が口で言ったと教えてくれたので、同じように僕も口頭で伝えいました。

 

実は退職届書く方がいい

なぜなら、書面に残せるからです。

 

口頭だと、受け取り方の違いや言った言わないなどのトラブルが起こることもあります。

 

なので、退職届を提出した方が間違いないです。

 

僕が辞めた時の流れ

  1. 仕事終わりに上司を呼び出す
  2. 上司に口頭で退職を伝える
  3. 後日面談する

 

上記が僕が退職を伝えるまでの流れです。

時間にしてわずか20秒ほどで終わりました。

 

これで全てが動き出します。

あとは流れのまま退職するだけ。

 

引き止めは必ずあります。

会社側から引き止めが必ずと言っていいほどあります。

 

ですが無視してOK。

念のため引き止めがあるということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

上司に言い出せない時

 

悩んでる会社員
仕事辞めたいけど言いにくいんですよね、、、

 

そんな時は退職代行を利用しましょう。

 

退職代行とは、弁護士や労働組合が運営していて、退職を代行して伝えてくれるサービスです。

 

退職代行に依頼すれば、即日退職も可能なので、もう明日から仕事に行かなくてすみます。

 

おすすめ退職代行については別記事で解説してるのでよかったら参考にどうぞ。

 

関連記事退職を切り出せない・言いづらい人に対処方法を解説【体験談あり】

関連記事【2021年最新】退職代行おすすめ3選を紹介→安心して使えます

 

仕事行きたくない‥朝泣く【まとめ】

 

この記事をまとめます。

 

  • 朝泣くくらい仕事に行きたくないなら無理する必要はない
  • 仕事行きたくない時の対処法
  • 仕事辞めるまでの手順

 

繰り返しにはなりますが、絶対に無理はしないようにしましょう。

ほんと体が壊れるので。壊れたらなかなか元に戻りませんよ。

 

キット
僕個人の意見ですが、こんなにきついならほんと辞めていいと思います。

 

考えてみてください。もう限界が近いのにこのまま定年まで頑張れそうですか?

 

悩んでる会社員
定年まで働くとか無理だ‥

 

無理ですよね。

僕も無理だったので仕事辞めました。

 

我慢したところでいずれ辞めるのなら早めの方がいいですよ。

今からでも全然巻き返せるので、一歩踏み出して次のステージに進みましょう!

 

記事内でも説明しましたが、退職代行使えばスパッと辞めることができます。

 

使うかどうかはあなたに任せます。

 

では今回は以上です。

ありがとうございました。

 

関連記事【2021年最新】退職代行おすすめ3選を紹介→安心して使えます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キット

30代×元工場勤務×Jリーグ好きの山口県下関市出身のブロガー。 高卒で大手自動車会社に就職し10年勤務。 上司によるパワハラや仕事のやりがいについて深く悩み、退職を決意。 自分が経験した工場勤務の中身や仕事、転職について記事を書いてます。当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いします。

-仕事の悩み