未分類

【2021年】J2リーグ残留に必要な勝ち点は?19位までまとめてみた

2021年 J2 残留 勝ち点

 

2021年度のJ2で残留に必要な勝ち点はどのくらい‥?

目安があれば知っておきたいです。

 

こんな疑問に答えます。

 

“記事の信頼性と筆者情報”

キット
どうもキットです!

この記事を書いている僕はJ2レノファ山口サポです。僕の詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

 

皆さんもご存知の通り、コロナの影響で2020年度のJリーグは3ヶ月の中断期間で降格なし・1試合の交代枠5人という異例のシーズンとなりました。

 

僕が応援するレノファ山口は2020年度のJ2リーグ最下位でしたが、コロナのおかげで降格を免れました。

 

そして、2021年はJ2から4チーム降格になるかつてないヤバいシーズンとなります。

 

例年なら勝ち点40取れたらJ2残留がほぼ決まるんですが、2021は勝ち点40でも残留が怪しいです。

 

キット
一体いくら勝ち点を積み上げたら残留できるんやろ‥?

 

と気になったので、過去のデータから2021年度のJ2残留に必要な勝ち点を調べてみました。

 

【2021年】J2リーグのルール

 

まず2020一年度のJ2のルールについておさらいしておきましょう。

 

・1位と2位のチームがJ1へ自動昇格。

・22〜19位までの4チームがJ3に自動降格。

 

つまり、J2残留するには18位以上にならないといけないと言うわけです。

※18%の確率で降格、例年は9%

 

僕が応援するレノファは2020年シーズン勝ち点33で最下位だったので、2020一年シーズンは降格に近いチームと言う立ち位置からのスタート。

 

2021年に降格しそうな4チームの中に名前を入れられても仕方ありません。

 

はぁ‥。来シーズンのことを考えるともう怯えています‥。

 

2020年シーズンは霜田体制3年目でJ1昇格を狙ったのにも関わらずこの結果だったので。。。

 

キット
ネガティブが止まらない。

 

おっと、これ以上ネガティブなのこと書くと周りから怒られそうなのでやめておきます。

 

さて、本題ですがここからは順位ごとに残留に必要な勝ち点についてまとめていきます。

 

【2021年】J2リーグ残留に必要な勝ち点は?

2021年 J2 残留 勝ち点

 

J2が22チーム制となった2012年から2020年までの過去9年のデータをまとめました。

 

降格になる22位〜19位までしかまとめてませんのでご了承ください。

 

全部書くとめちゃくちゃ時間かかるんですよ。(小声)

 

素人が勝手に自分のブログで勝ち点の予想してるだけです。違ってたらごめんなさい〜

 

22位の勝ち点

 

まず22位のチームの勝ち点から。

 

19位の勝ち点を言えばいいじゃんと思われるかもしれませんが、それだと速攻で終わっちゃうから文字数稼ぎで22位から書きました。

 

22位に終わったチーム

年度チーム名勝ち点成績前年度成績
2012年町田ゼルビア327勝11分24負JFL 3位
2013年ガイナーレ鳥取315勝16分21負J2 20位
2014年カターレ富山235勝8分29負J2 18位
2015年栃木SC357勝14分21負J2 12位
2016年ギラヴァンツ北九州388勝14分20負J2 7位
2017年ザスパクサツ群馬205勝5分32負J2 17位
2018年カマタマーレ讃岐327勝10分25負J2 19位
2019年FC岐阜307勝9分26負J2 20位
2020年レノファ山口339勝6分27負J2 15位

※横にスクロールできます。

赤字は22位の最多勝ち点

青字は22位の最低勝ち点

 

過去9年分のJ2で22位になったチームと勝ち点の一覧表です。

 

22位の平均勝ち点→30.4

 

最も勝ち点を取ったのが2016年のギラヴァンツ北九州の38。逆に最も低かったのが2017年のザスパクサツ群馬で20。

 

勝ち点が30点台前半しか取れなかったらほぼ間違いなく21位以下になってしまいます。

 

一つ気になったのが、前年度一桁順位で終わった2016年度のギラヴァンツでも翌年下位に沈んでいること。

 

なので、2020年上位につけていたチームも油断はできないということですね。

 

21位の勝ち点

年度チーム名勝ち点成績前年度の成績
2012年FC岐阜357勝14分21負J2 20位
2013年FC岐阜379勝10分23負J2 20位
2014年カマタマーレ讃岐337勝12分23負JFL 2位
2015年大分トリニータ388勝14分20負J2 7位
2016年ツエーゲン金沢398勝15分19負J2 11位
2017年ロアッソ熊本379勝10分23負J2 16位
2018年ロアッソ熊本349勝7分26負J2 21位
2019年鹿児島ユナイテッド4011勝7分24負J3 2位
2020年愛媛FC348勝10分24負J2 19位

※横にスクロールできます。

赤字は21位の最多勝ち点

青字は21位の最低勝ち点

緑は前年度上位チーム

 

例年なら21位までJ3に自動降格です。

 

21位の平均勝ち点→36.3

 

最も勝ち点を獲得したのが2019年の鹿児島ユナイテッドの40で、最も低かったのが2014年のカマタマーレ讃岐の33です。

 

勝ち点40が毎年の残留ボーダーラインでしたが、2019年度は勝ち点40を獲得した鹿児島ユナイテッドがJ3に降格となりました。

 

キット
残留争いが熾烈なシーズンでしたね。。。

 

レノファも前半戦は降格圏内をさまよっていましたが、後半戦からエンジンがかかり一気に脱出することができました。

 

いやぁ‥前半はマジで落ちるかと思ってましたよ。

 

もう一つ見ていただきたいのが、2015年の大分トリニータです。前年度J2で7位という好成績を収めながら翌年21位に沈んでいます。

 

大分は2013年にはJ1にいたクラブでもあるので、J1を経験しているクラブでも2021年は油断できないシーズンになるでしょう。

 

20位の勝ち点

年度チーム名勝ち点成績前年度の成績
2012年ガイナーレ鳥取3811勝5分26負J2 19位
2013年ザスパクサツ群馬409勝13分20負J2 17位
2014年東京ヴェルディ429勝15分18負J2 13位
2015年FC岐阜4312勝7分23負J2 17位
2016年FC岐阜4312勝7分23負J2 20位
2017年レノファ山口3811勝5分26負J2 12位
2018年FC岐阜4211勝9分22負J2 18位
2019年栃木SC408勝16分18負J2 17位
2020ザスパクサツグ群馬4915勝4分23負J3 2位

※横にスクロールできます。

赤字は20位の最多勝ち点

青字は20位の最低勝ち点

 

さあ、2021年度は20位も降格になります。

平均勝ち点から見ていきましょう。

 

20位の平均勝ち点→41.6

 

最も勝ち点を獲得したのが2020年のザスパクサツ群馬の49点で、逆に低かったのが2012年のガイナーレ鳥取と2017年のレノファ山口の38。

 

2020年度のザスパクサツ群馬だけ20位で勝ち点が49とかなり高めです。

2020年が降格4チームだったら勝ち点49でもJ3に降格してたことになりますね。

 

ほんま恐ろしい、、、

 

19位の勝ち点

年度チーム名勝ち点成績前年度の成績
2012年カターレ富山389勝11分22負J2 16位
2013年ロアッソ熊本4310勝13分19負J2 14位
2014年愛媛FC4812勝12分18負J2 17位
2015年水戸ホーリーホック4610勝16分16負J2 15位
2016年カマタマーレ讃岐4310勝13分19負J2 16位
2017年カマタマーレ讃岐388勝14分20負J2 19位
2018年京都サンガ4312勝7分23負J2 12位
2019年愛媛FC4212勝6分24負J2 18位
2020年FC町田ゼルビア4912勝13分17負J2 18位

※横にスクロールできます。

赤字は19位の最多勝ち点

青字は19位の最低勝ち点

 

2021年は19位もJ3に落ちちゃいます。

 

平均勝ち点→43.3

 

最も勝ち点を獲得したのが2020年の町田ゼルビアで49、低かったのが2012年のカターレ富山と2017年のカマタマーレ讃岐で38。

 

過去9年のデータを見る限り、勝ち点50獲得することができれば18位以上で残留する可能性が高いと言えます。

 

また、勝ち点40を獲得できない場合は高い確率で19位以下になってしまいます。

 

【2021年】J2残留に必要な勝ち点のまとめ

・勝ち点50以上ならほぼ残留が決まる

・勝ち点40以下ならかなりヤバい

 

うん、この記事を書きながら2021年シーズンがマジでヤバいのが再確認することができました。

 

ハラハラドキドキで、終盤にかけてとんでもないドラマもありそうな予感もします。

 

大変なシーズンですが、力を負わせて乗り切りましょう!

 

というわけで、今回は以上です。

ありがとうございました。

 

>>田中パウロ淳一ゴール2019【パフォーマンスが面白すぎる】

>>ダゾーン(DAZN)評判!2年使った感想・注意事項を解説

 

 

ここからはついでです。

 

レノファの過去の勝ち点

年度順位勝ち点成績
2016年12位5314勝11分17負
2017年20位3811勝5分26負
2018年8位6316勝13分13負
2019年15位4713勝8分21負
2020年22位339勝6分27負

 

・上位1回

・中位2回

・下位2回

 

勝ち点40に2回届かなかったことがあるのに、J2に残留できているから運は強い方だと思う。

 

2021年も頑張ろう!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
キット

キット

30代前半×元工場勤務の会社員×動画好き。山口県下関市出身のブロガー。地元山口を愛し、サッカーJ2レノファ山口のスポンサーになるのが夢。 当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いしてます

-未分類
-