アニメ

リゼロ36話の感想と解説!ベアトリスが泣いている理由が判明【ネタバレあり】

2020年9月16日

リゼロ 36話 解説

 

はい、こんにちは。

リゼロのハマりまくっているブロガーのキットです。

 

9月16日にリゼロ36話が放送されました。

 

 

36話では、スバルにベア子、エルザと普段は顔を合わすことがないキャラがロズワール邸で集結します。

 

あらすじであったベア子の涙の理由とは一体どういうことだったんでしょうか?

 

この記事では、リゼロ36話の中身について解説と僕の感想を書いていきます。

 

リゼロ好きな人は是非読んでもらえると嬉しいです!

 

では、ここから本文です。

まずは目次からどうぞ!

 

筆写情報

キット
どうも、キットです!

この記事を書いている僕はアニメ・ドラマ・映画大好き山口県出身のブロガー。最近はリゼロのどハマりしています。僕の詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

 

魂を込めて書いたリゼロの人気記事3つです↓

>>エキドナのまつ毛ってどうなってんの?付けまつ毛?【リゼロ考察】

>>リゼロ フレデリカがかわいい!歯がギザギザしている理由は?

>>リゼロ エミリアとレムどっちを選ぶ?二人の可愛いと思うポイント

 

リゼロ36話の感想と解説!ベアトリスが泣いている理由は?【ネタバレあり】

リゼロ 36話 解説

軽めのネタバレがありますので、見たくないという方は気をつけてくださいね。

 

36話は情報量が多過ぎて理解するのが大変です!!

 

あらすじではベア子が涙を流す理由について深く触れるのかと思っていました。

 

しかし、前半でサクッと終わり、後半ではエミリアにロズワールについてと展開が凄過ぎて信じられないようなことも。

 

キット
どのルートを選択したとしても、正解が見つけられないような感じに見えましたね。。。

 

ベア子の涙の理由

 

ロズワール邸の知識の書庫の維持と管理することで契約しているベア子。彼女は強欲の魔女エキドナと契約した精霊だということが分かりました。

 

・この身を縛りつける永遠の契約を終わらせたかった

・400年も一人で寂しかった

 

ベア子が涙を流していた理由は上記のような感じ。契約によって書庫から出られない状態が耐えられなかったんでしょう。

 

キット
400年も我慢していたとか辛かったよな‥。 

 

 

ベアトリスはスバルに殺して欲しいとお願いします。

この場面は、今までツンツンしていたベアトリスが見せたことがない表情やスバルに対して強くお願いするといったこともありました。

 

「ベティを1番にして」

「抱きしめて」

「できないなら殺して」

 

予想外のセリフでびっくりしましたね‥。ベア子がスバルに絶対に言いそうにない言葉だったので。

 

キット
スバルのことが好きだったのでしょうか?

 

しかし、こんな大事な時のコイツが入ってきます。

 

エルザさんの登場

 

 

エルザめちゃ強いです。

スバルはベアトリスを連れてロズワール邸から逃げ出すも、まさかの人物に遭遇。

 

 

リゼロの1期で登場していたアーラム村の女の子。コイツはメィリィといってエルザの仲間。魔獣使いの異名を持ちます。

 

リゼロ1期で魔獣の子供を抱き抱えている理由がこれで繋がりましたね。

 

ここでベアトリスとエルザが激しく戦闘し、勝ったかと思われましたが最終的な結果は残念なことに‥。

 

 

「これでやっと‥」

 

この瞬間、ベアトリスは400年続いた契約から解放されました。エルザによって殺され可哀想な形でしたけど、これで長年の苦しみからようやく逃れることに、、、

 

ベアトリスは最後の力を振り絞り、スバルを魔法で聖域まで飛ばします。

 

もうこの時点で、僕のライフポイントはゼロに近いです。

 

エミリアがおかしい

 

ベアトリスによって魔法で飛ばされました。スバルはまだ死んではいません。

 

スバルが遺跡の中に入るとそこにはエミリアが‥。

 

 

しかし、何かがおかしい。というか、普段のエミリアが言いそうにないようなセリフの連発。

 

「スバル大好き」

 

キット
もう完全に普通のエミリアじゃないですね‥。

 

サテラに体を乗っ取られているんでしょうか?

それとも精神がおかしくなってる?

 

理由は分かりませんがとにかく普通じゃないのは間違いない。

 

遺跡の外でスバルはガーフィールと会話しますが、「エミリアが俺のこと好きだって‥」この言葉にガーフィールはお怒り。

 

スバルは結界の中で雪を降られている人物がロズワールだと確信をついたようです。そして、ロズワールに会いに行くことに。

 

もう僕はこの時点で話についていけてません。

ライフポイントも完全にゼロになっております。

 

しかし、36話はまだ恐ろしいことが続きます。

 

ロズワールの本性

 

とうとうロズワールが本性を出します。

はっきりいって狂ってやがる‥。

 

 

油断させるためにラムごとガーフィールを刺し殺します。

もう一回言います。クソ野郎です。

 

ロズワールはスバルが死戻りしていることを知っているような発言がありました。

 

 

「取り返しがつくものと君は思っているんじゃないかーい?」

 

もうこのセリフは間違いなく分かっていますね。スバルの死戻りを。

 

それからスバルをボコリます。

 

そして、ここでリゼロのファンを恐怖の底に落としたコイツが登場。

 

 

そう大兎。(本当は多兎らしい)

大兎はロズワールを食い尽くします。あれだけひどいことをしたロズワールだったんですが、最後は可哀想なことに。

 

そしてまたエミリアと再開。あの狂っているエミリアの方です。

 

そしてキス。ここが36話のタイトルにもある「死の味」のタイトルの由来でしょう。

 

リゼロ36話の感想と解説!【ネタバレありまとめ】

 

今回は、リゼロ36話の中身を書いてみました。

 

まじで情報量が多すぎなのと、衝撃的な展開で僕のライフポイント残っていません。もう何回も死んでます。

 

というくらい、中身が濃かったですね。

 

 

キット
Twitterのトレンドに即上がるくらいでした。

 

リゼロの視聴者さんもこのルートを回避する方法はあるのか‥?ないんじゃないか?といろんな口コミが上がってましたね。

 

このルートは流石に死人が多過ぎてやり直せると思いますけど本当にかなりやばい状況なのは変わりない。

 

ここからどうなるのか?続きが気になり過ぎてやばいです。

 

というわけで、今回はリゼロ36話中身についての記事でした!

ありがとうございました。

 

れの
私からのお願い❤️
この記事が参考になったらSNSやサイトでシェアお願いします。
記事のURLをあなたのブログに貼ってくれると死ぬほど喜びます!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
キット

キット

30代前半×元工場勤務の会社員×動画好き。山口県下関市出身のブロガー。地元山口を愛し、サッカーJ2レノファ山口のスポンサーになるのが夢。 当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いしてます

-アニメ
-

© 2020 キットブック Powered by AFFINGER5