ドラマ

【半沢直樹続編】5話ネタバレ・帝国航空の社員に再建案をリークしたのは誰?

 

はい、こんにちは。キットです。

 

セントラル証券に出向していた半沢直樹ですが、4話で敵会社だった電脳の不正を暴き、東京中央銀行が損失を出す前に防ぐことができました。

 

その結果、銀行に戻れることに。

そして、ここから帝国航空編のスタートとなります。

 

この記事は半沢直樹5話を見れなかった人向けのネタバレ記事です。ですので、内容を知りたく無い人はお気をつけください。

 

では、早速本文に入りましょう!

 

筆写情報

キット
どうも、キットです!

この記事を書いている僕はアニメ・ドラマ・映画大好き山口県出身のブロガー。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

 

>>土下座野郎!伊佐山が言い放った言葉が大和田の逆鱗に触れる!

ドラマ「半沢直樹2」見逃し配信を無料で視聴できるサイトは?

 

【半沢直樹続編】5話ネタバレ・帝国航空の社員に再建案をリークしたのは誰?

5話のあらすじ

 

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。

帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。

もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/ep5.html

 

帝国航空の社員に再建案が漏れた

 

業績が悪化している帝国航空の再建を任されている半沢直樹は、再建プランを立てて経営陣に資料を見せます。

 

半沢直樹が立てた再建プランは、簡単にできるというものではありませんでした。それどころか、社員の目に留まるとストライキさえ起こってしまうような内容だったのです。

 

再建プラン内容

  • 人件費大幅削減
  • 機種数の削減
  • 赤字線の削減

 

分かりやすく言うなら社員の給料カットってことですね!

 

れの
えぇ〜?給料カットされたら私でも怒るかも‥

 

しかし、この再建プランを「社員のリストラ」の部分だけが何者かにリークされてしまいます。その結果、社員一同は猛抗議。

 

 

このピンチで半沢直樹は社員に対して説明会を開くことに。そして、再建プランをリークした犯人を探すため調査を開始します。

 

再建プランをリークしたのは誰?

 

結論から話すと、帝国航空の再建プランを社員にリークしたのは経営陣である永田でした。

 

 

永田は、丸岡という男のパソコンからメールで再建プランをリークしていたんです!

 

経営陣である永田がなぜこのように社員に帝国航空再建プランをリークしたのでしょうか?その理由は2つあります。

 

丸岡と深いつながりがあり、不正な出費がバレるのを恐れた

永田の兄、永田議員は半沢の敵である政府の人間と同じ新生党の議員だった

※丸岡は丸岡商事の社長

 

半沢直樹は、永田にこの事実を告げるも「証拠が無い」と逃げられてしまします。しかも、永田の兄によって今回の出来事を銀行を通してクレームを付けられてしまうといった事態に。

 

大ピンチでしたがここから半沢直樹の倍返しが炸裂します!

 

社員説明会で永田に倍返し!

 

半沢直樹の不利の状況の中で社員説明会が行われました。説明会の中でも、永田が追い討ちをかけて半沢直樹を追い込んできます。

 

ですが、ここから永田に倍返し!

 

今回、再建プランをリークをしたのが永田だということに加え、丸岡と手を組んで不正にお金を使っていた事実を社員の前で発表。

 

永田は「証拠をだせ!」の一点張りだったので、半沢直樹はその証拠を社員の前でスクリーンに映し出します。

 

 

スクリーンに映ったのは、丸岡が永田に指示されてやったと発言した証拠映像だった。永田は、不正を暴かれ、半沢直樹に激しく叱責されます。

 

「帝国航空にとって最も不要なコストは、永田お前だーーーー!」

 

この場面はめっちゃスカッとしましたね!!!

最高に気持ちよかったです。

 

その結果、帝国航空の経営陣と信頼関係が生まれ、再建に向けて一歩前進んだという流れになります。

 

【半沢直樹続編】5話ネタバレ・まとめ

 

この記事をまとめると、帝国航空の社員に再建案をリークしたのは経営陣である永田でした。

 

6話では、東京中央銀行に悪徳議員が乗り込んできたり、再建プランは余剰となった社員の削減に反対する社員たちの受け入れ先を見つけなければならなかったりと半沢直樹にピンチがのりかかります。

 

6話でも見事問題を解決し、帝国航空のピンチを救ってくれるのでしょうか?

 

次回の放送も楽しみです!

ではこの記事はこれで終わります。

ありがとうございました!

 

 

れの
私からのお願い❤️
この記事が参考になったらSNSやサイトでシェアお願いします。
記事のURLをあなたのブログに貼ってくれると死ぬほど喜びます!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
キット

キット

30代前半×元工場勤務の会社員×動画好き。山口県下関市出身のブロガー。地元山口を愛し、サッカーJ2レノファ山口のスポンサーになるのが夢。 当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いしてます

-ドラマ
-

© 2020 キットブック Powered by AFFINGER5