アニメ

グレイプニル13話の感想!最終話・ネットの声は?

2020年7月11日

 

ラブコメディ「グレイプニル」が6月30日に13話最終回が放送となりました。

 

今回は最終回13話の感想をまとめてみました。

3分ほどで目を通せるのでサクッとご覧くださいませ。

 

筆写情報

この記事を作成している僕は、アニメ・ドラマ・映画大好き山口県出身のブロガーです。詳しいプロフィールはこちらかどうぞ。

キット
キットです。よろしくお願いします!

 

グレイプニル13話のあらすじ

修一とクレアは、吉岡と陽太に彼らのチームが集めたコインを自分たちに渡すように提案する。
戦いから離れ、普通の生活に戻るようにと。吉岡は会話の中で、以前とは変わってしまった修一を感じとる。
そうした修一の変化にクレアは、自分が原因なのだと懊悩する。
クレアは明日、山へ行くが、これから朝まで修一の家で過ごしたいと言う。
修一は困惑するが、彼の家を訪れることになり、クレアはそこで意外な光景を目にする。

引用元:http://gleipnir-anime.com/story/

 

\第二弾PV/

 

グレイプニル13話の感想!ネットの声は?

 

グレイプニル13話の感想!【まとめ】

 

謎が多いままで終わっているので2期の放送があるかもしれないですね。

 

続編の登場に期待しましょう!

 

今回は以上になります。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
キット

キット

30代前半×元工場勤務の会社員×動画好き。山口県下関市出身のブロガー。地元山口を愛し、サッカーJ2レノファ山口のスポンサーになるのが夢。 当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いしてます

-アニメ
-

© 2020 キットブック Powered by AFFINGER5