ドラマ

ドラマ「由利麟太郎」2話の感想・あらすじ/最後の結末に疑問が‥

2020年6月23日

 

こんにちは、キットです!(@KID_BOOK_

 

ドラマ「由利麟太郎」の2話が6月23日に放送予定です。

 

 

今回は、2話の感想を書いていきます。

どんな展開が待っているのでしょうか!?

 

ドラマ「由利麟太郎」2話の感想・あらすじ

2話あらすじ

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろえたいの知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、黒い影は突如目の前に現れ、エマを恐怖に陥れていた。心をむしばまれたエマは、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。五月はそんなエマを心配するが、一方で同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた三津木俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

真相を確かめるべく由利麟太郎(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。やはりエマの幻覚だったのか――。そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される…!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/yuri/index.html

 

 

放送前のみんなの声

 

2話みんなの感想

由利麟太郎2話感想!筆者が気になったところ

※ネタバレがあるので気をつけてください。

 

ホステス役の幻覚症状が‥

水上京香さん演じるクラブのホステスが物語のしょっぱなからある幻覚症状に悩まされているシーンが多々あります。

 

その幻覚症状が何回も何回も出て来るので「またか‥」となってました。。。ホラーが出るような感じの幻覚症状ですね。

「ドラマ牙狼」みたいな感じでした。

 

紙エプロンが可愛すぎる

 

2話の始まってすぐ、由利麟太郎と三津木俊助がオムライスを食べるシーンがありました。

 

由利麟太郎が紙エプロンを装着している姿がマジで可愛すぎましたね。助手の三津木くんはエプロンつけてなかったのに。笑

スーツがケチャップで汚れるのが嫌だったのでしょうか?

 

家に戻った時くらいスーツ脱いで楽な格好すればいいのにと思う僕です。

 

最後の結末が最悪すぎる


五月翔太を演じる赤楚衛二さんがなぜか最後に刺されて殺されてしまうという結末‥

ドラマ見ててマジでびっくりしました。

 

というのも、五月翔太を殺したのは物語でほとんど登場していないチンピラ。依頼されてやったらしいですが、この場面だけはなんで?と疑問が湧きました。

 

ドラマ「由利麟太郎」2話の感想【まとめ】

 

今回はドラマ「由利麟太郎」2話の感想をサクッと書いてみました。

 

個人的に1話よりも面白くて、見入ってしまいましたね。ブログ書く手が止まってた。。。

 

3話も引き続き楽しみです。

 

今回は以上になります!

ありがとうございました。

 

ドラマ「由利麟太郎」見逃し配信は?無料視聴できる動画配信を解説!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
キット

キット

30代前半×元工場勤務の会社員×動画好き。山口県下関市出身のブロガー。地元山口を愛し、サッカーJ2レノファ山口のスポンサーになるのが夢。 当ブログの記事はご自由に引用してもらって大丈夫です。 ※ただし、サイト名とリンクの記載をお願いしてます

-ドラマ
-

© 2020 キットブック Powered by AFFINGER5